カミ ウシーミー

 沖縄県では、この季節になるとシーミー(先祖のお墓に花や食べ物などをおそなえする行事)がありますが、シーミーの時期にまず、カミウシーミとゆう、一族の墓参りから先にお線香をあげます このムンチュウのシーミーも 沖縄では特別な事ではなく、ごく普通な行事です   色んな宗教がありますが、沖縄では先祖崇拝が普通ですし自分達も親や先祖から伝えられた大切な行事だと思っています  沖縄では、親やオジー オバーを大切にし、その親を生んでくれたご先祖も大切にします。 特別ではなく、ごく当たり前の事ですよね

 山内家のカミウシーミーの様子 
画像


何百坪はあるかと思える敷地 先祖のお墓にお供え物をしてお線香をあげます  
画像


小さい頃から親の背中を見て育つと 子供達も普通に線香をあげます(地域のエイサーや三味線なども親から子へ伝わる大切な伝統ですよね
  ケントとサキも ウ―トートー    姿はバッチリ決まってます(何をお願いしているのかな~ おそらくお菓子をいっぱい食べれますように?かな 
画像
  

ピクニック気分のケント
画像


今年1年生になる咲綺 山内ムンチュウの先輩方からの寄付金や積立金などで、図書券がもらえます
お辞儀もバッチリ決まってます。(学生の参加者がもらえる図書券)
画像


 写真では伝わりませんが決してかた苦し雰囲気ではなく、和気あいあいとササット終わるので 気も楽ですよ

山内家の家系図 ご先祖様のトップは、偉大な方です  
画像
  あの有名な 護佐丸  名前はうちの父ちゃんと同じだ

 自分探しのルーツは ・ ・ ・ 
画像

偉大な先輩方の名前があります 京都大学出身医者や学校教師や琉球音楽の研究者などなど ・ ・ ・

なぜか自分は、車の板金塗装屋!?まぁこれも自分知っている証拠かな



 何でも鑑定団のような巻物を広げると
画像

ありました    それにしても同姓同名が多いな~ 


 沖縄の伝統文化凄いですよね 色んな人に受け継がれるといいですね  

グァンス に ヒノカン ・ あと本物のユタの存在があるかぎり決して消えたり途絶えたりすることはありません  凄いですよね 沖縄をあらためて感じた1日になりました    

  沖縄トートーメーやヒノカンやユタの事が分かりやすく書かれた本があります
インターネットで簡単に購入できる本  ・御願ドットコム・  県外の方や若い人にも簡単に沖縄の一部を知ることができるかも  
     

この記事へのコメント

tosh
2015年05月10日 15:05
山内ムンチューでかい!

この記事へのトラックバック