ランクル と ハイラックス と ジムニー

ハイラックスホカホカの新車
ハイラックス 125.jpg荷台をキズ防止と錆び防止でラプターライナー塗装

油分や汚れを完全に除去
喰い付きを良くするため アシズケ (ゴシゴシ細かい部分も全て磨き) 

クリアー部分の表面部分の ツヤが完全になくなるまで サンディング
ハイラックス 125 2.jpg

白く見える部分がアシズケ処理部分ハイラックス 1253.jpg
ハイラックス 125 4.jpg
ボデー全体を マスキング
ハイラックス 125 5.jpg
密着剤を吹き付け(半艶状態で細かな部分に沁み込み)ハイラックス 125 6.jpg
ラプターライナー塗装
今回の塗装肌は 細目肌で仕上げ キレイに仕上がりました
ハイラックス 125 7.jpg
ハイラックス 125 8.jpg
ハイラックス 125 9.jpg
引き締まりました  これで安心ですね

新形ジムニー 
ナノグラスコートで入庫  生産が追い付かないほどの 人気です 1年待ちは 普通です
ジムニーJB64.jpg
 ピカピカ になりました

カッコイイデザイン   これで 安心ですね
 

程度良いランクル 80

 フロアー前側 の 錆び 修理で来店
ランクル 80.jpg
エンジンルームや外装 内装ともかなり 程度は良いですが 旧車は 弱い部分は必ず 錆びあります


見えない部分ですが ここの部分 錆びに弱いですよ

鈑金に張り付けてある 接着断熱マットを剥がすと ・・・
板金修理の妨げになる パーツを全て取り外します
ランクル80 2.jpg


腐った部分を全て カットして 土台を板金溶接 貼り付け
作り直します

因みに この部分のパーツは生産終了の為 全て 手作りで 鈑金制作します

動画はとりわすれましたが ヒラ版をカット 曲げたり  たたいたり
ランクル80 5.jpg

出来上がり  

溶接後 ランクル80 6.jpg

鈑金の寸法や 取り付け位置 奥行 高さ などなど バッチリ合わないと フロントフェンダー 取り付けできなくなります

ラプターライナー調色して 吹き付け 飛び石や水の浸入を防ぎます キレイに板金施工 制作すれば 二度と腐る事はありません
ランクル80 7.jpg
室内側は 防音材を貼り付け
ランクル80 4.jpg

で・外したパーツを取り付けて 終了 
修理代15万(技術と経験と作業時間 炎上リスクなどなど この価格 安いものです)
 
ランクル80 この部分 要チエック(見えにくい場所で きずきませんが 防音マットを剥ぎ取ると現れます 要注意)

エンジンルーム パーツも凄い程度の良い ランクルです   この部分は錆びてました   ランクルの弱点ですね

キレイに直せば これで 安心ですね


ランクル購入検討してる方 要注意ランクルは凄い 値上がりしてますが 程度の良い車を買わないと 価格以上の 修理代金が発生するか どこの修理工場でも 修理引き受けてもらえない 場合がほとんどです  結果 廃車の運命になりますよ

ランクルの高価な車両は 程度の良い車の事です  お間違えなく