忠告

 
最近 旧車ブームですね 旧車好きな 自分もうれしいです

しかし 旧車を所有するにあたって 忠告します

車のほとんどが鉄で作られた乗り物です  雨に濡れると 新車でも購入から5年で見えない部分が かなりの確率でサビが進行しています

毎回 雨に濡れることで 必ず錆びが加速していきますよ
下⇩写真  新車から7年おちの車です 7年で こんなに 腐る事もあります
フリード錆び2.JPG
Aピラーの隠れた鈑金部分(ガラス内部など)開けてみると かなりの確率で 錆びてますよ(錆びが顔を出さないと 私でも発見不可能)
フリード錆び3.JPG
そろそろサビでガラスも割れます(ガラス交換8万円前後)
最近の車はサビに弱いです グリスコートしないと こうなりますよ グリスコート施工の効果は5年たたないと 分かりません
(因みに雨ざらしの車の場合グリスコートは5年に1度の施工がベスト)
手抜き作業しても 分からないので 信頼できる業者にお任せする事をお勧めします
ARTBODYでは作業日数3日以上かけて 手抜き無し で細かくスミズミまで施工しています(料金3~5万)
旧車を大事に長く乗りたいなら 雨に濡らさない事が1番です  旧車は洗車の回数も少なくする事が 長く乗る為のコツです

今まで  旧車所有してる色んなお客様と接してきましたが 私がお客さんに必ず聴く事があります 【雨をしのげる車庫で保管ですか?】

20年以上たっても 程度が良い旧車は 必ずガレージ保管された 車だからです どんなオーナーが車を所有するかで 車の寿命が大きくかわりますよ  

カッコイイ旧車を乗るのは 簡単ですが 何十年もキレイに乗る事は 非常にむずかしいです

私の過去の お客さんとの トラブル をいくつかお話すと

 毎回のように 【雨をしのげる場所の保管ですか?】と 必ず 質問します

もちろん 予算も ききます(20万前後) 
 雨に濡れる環境で保管の為 錆びの進行が早く 穴があちらこちらに空き 困ってらっしゃいました 
かなりの重症の車なので トラブルを避ける為(修理しても 雨ざらしの車は長く持たないと判断)私も修理不可能と判断  何度か お断り していました

あるひ この車を 手放したい と 来店 「穴をどうにか 埋められませんか」」 と相談(穴500円玉~コブシ台)

かなりの旧車なのでもちろんパーツは生産終了 ガラスモールも生産されておらず ガラス屋さんにも断られる有様
 よって鈑金で作る事も不可能 かなりの予算オーバー 

何度か来店されたお客さんから「化粧する感じでも構わないから 直してくれませんか? 」 と相談

うーん お客さんと一緒に悩んだ結果  ガラス取り外しができない為 鈑金での溶接も不可能  よってグラスファイバーで修理する流れになり

 お客様に グラスファイバーでは長く持ちませんよ と 忠告

で お客さんと相談の上 グラスファイバーで修理することに決定(この判断ミスが私の評価を落とす


早速 グラスファイバー職人を呼び ファイバーで 鈑金塗装をお願いしました。

さすが ファイバー職人です 手際よく ファイバー型を作り   パテ形成  あちら こちら の 穴も 綺麗になり 塗装も チャチャチャと 綺麗に仕上げて くれました


見た目綺麗になり ファイバー職人に支払完了後  無事 納車し  引き渡しました

その後の情報によると 中古車展示時点でサビが発生したらしいですよ 
忠告どうり ファイバー修理で 長く 持たなかったようですよ
 あれ以来(15年位前の話で このブログにはアップされてませんよ 残念ながら廃車) お願いされても鈑金のファイバー穴埋め修理依頼はお断りしています


旧車は どんなオーナーと出会えるかで 綺麗に長く保てるか が 決まります 

この事からも 旧車は 予算がないと 維持できませんよガレージ保管重要です
雨にさらすと 今回みたいに穴空き部分以外も見えない部分は錆びていきますよ~



例えば 雨ざらしの車を100万以内の予算で全塗装しても新車のようには長くもちません 
雨に濡れて何十年と経過した車は 車の構造上 別の隠れた部分は必ず錆びあります 予想不可能   運が悪ければ数か月後 意外な場所からサビが顔を出す場合もあります 特に湿度の高い沖縄要注意
(別の場所から錆が発生しても 板金屋さんを悪く話すのは やめましょう
車の構造上の作りでこうなります 旧車は錆びますよ







あと 中古車と言えば  30年以上の昔  こんな 事件がありました


  忠告 

私の30年以上前の 経験です  その頃 事故車を仕入れて 販売する 業者が結構いました

事故車を修理する事は 修理屋の技術の見せ所でもあり 誇りでもあります   勿論フレーム修正機を使い 車体組合で 発行されている 指示書と 照らし合わせながら 質の良い 溶接機で 溶接すれば 綺麗に何の問題もなく直ります(車体組合でも皆さん しっかり 勉強して 車体整備士の資格も 取得して 直してます

さて 話の本題  綺麗に直すことは何の問題でも ありませんが その直された 車を何の説明もなく販売するは 問題ですよ

私が直した車ではないのですが 当時 親しかった 中古車屋さんの話です(この事件以来後 この業者とはキッパリと縁をきりました)

他業者で直された車を 何の説明もナシで 販売したらしく 詐欺の疑いで 逮捕されました

執行猶予付きではありましたが 古物書をはく脱されて 営業が困難な状態に陥りました

販売 する場合は 買う側も売る側も事故車と分かるように示さないと 逮捕されますよ

古物書 は 警察の管理課のおく 重要な証書です 取得にあたり 警察の方でもキチンと取得者の犯罪歴や反社会的人物ではないか? この先悪さする人物ではないかなど 調査しての取得の流れになります

 悪さをすると警察に即とりあげられますよ  
古物書は もちろん 私も持っています なんと約35年違反なし 頑張って維持していますよ

古物書取得条件⇒ https://kobutsukyoka.jp/kobutsusho/application-disqualification/
 こないだ来店なされた警察官(お客さん)も 私の古物書プレート番号の古さに びっくりしていましたよ 
 古物商.JPG
 中古車屋さんの説明不足  を  
質が悪い人ほど 未だ何かしら 悪く 噂してるみたいですよ 他人をおとしめる ではなく 自分を磨きましょう
他人の悪い噂を話しても 自分の人柄を落とすだけです  人も離れていきますよ~

  コロナに負けず 頑張りましょう